ホーム > IR・投資家情報 > IR基本方針

  • 大きく
  • 標準
  • 小さく

IR基本方針IR基本方針

IR基本方針

1.IR活動の目的と基本姿勢
常に誠意ある態度で臨むことを第一に考えて、IR活動に取り組んでいます。また、当社の事業活動、財務状況等に関する正確な情報を公平かつ適時・適切に提供し、その内容を的確に理解して頂くよう努めることで、投資家の皆様からの信頼と正当な評価を得ることを目指します。
2.情報開示の基準ならびに方法
当社は、金融商品取引法ならびに株式会社東京証券取引所の定める「有価証券上場規程」に沿って情報開示を行っています。有価証券上場規程に該当する情報については、同規程に従い、適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示しています。また、有価証券上場規程に該当しない情報についても、当社の事業活動等を投資家の皆様にご理解頂くために、記者クラブ等へのプレスリリースにて、出来る限り積極的かつ公平に開示する方針であります。 開示情報については、速やかに当ホームページに掲載することとしています。ただし、情報通信技術上の障害等により、掲載時期が遅れることもあります。
3.業績予想について
当社では、当社の発行する資料や当ホームページにて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。これら歴史的事実以外の情報は、当社グループが属する業界の競争、市場、諸制度にかかるリスクや不確実性による影響を受ける可能性があります。その結果、当社がその時点で把握可能な情報から判断した仮定および推測に基づく見込みは、将来における実際の成果および業績とは異なる場合があり得ることを、ご了承ください。
4.沈黙期間について
当社では、決算発表準備期間中に、株価に影響のある情報の漏洩防止のため、四半期ならびに期末決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関するコメント等を控えさせて頂くと共に、アナリスト向け会社説明会の開催は行いませんので、予めご了承ください。ただし、沈黙期間中に既発表の予想が大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行うこととしています。

本サイトに掲載の記事・写真・図版の無断転載を禁じます