ニュースリリースニュースリリース

ニュース

2007年9月18日
平成20年3月期 中間期業績予想の修正に関するお知らせ

 最近の業績動向等を踏まえ、平成19年5月11日付公表の平成20年3月期(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)の中間期業績予想を下記のとおり修正いたします。


1.平成20年3月期 中間期業績予想の修正(平成19年4月1日〜平成19年9月30日)

 (1) 連結業績予想の修正
(単位:百万円)
  売上高 営業利益 経常利益 中間純利益
前回予想(A) 11,397 1,370 1,353 676
今回修正(B) 11,400 1,822 1,817 961
増 減 額(B−A) 2 452 464 285
増 減 率 0.0% 32.9% 34.2% 42.1%
前年同期実績 10,277 1,635 1,681 965

 (2) 個別業績予想の修正
(単位:百万円)
  売上高 営業利益 経常利益 中間純利益
前回予想(A) 10,471 1,596 1,572 939
今回修正(B) 10,521 1,985 2,002 1,211
増 減 額(B−A) 50 389 430 272
増 減 率 0.4% 24.3% 27.4% 28.9%
前年同期実績 9,505 1,688 1,737 1,057

2.修正理由
 当中間期の売上高につきましては、計画どおり順調に推移しております。セグメント別の進捗状況につきましては、第1四半期財務・業績の概況(平成19年7月24日付公表)にて発表させて頂きましたとおり、自動車関連情報におきましては、中古車販売店の仕入れから販売までの総合的な経営支援を事業方針に掲げ、取引社数の拡大ならびに一クライアント当たりの取引単価の維持・拡大を推し進めてきた結果、前年同期と比べ増収となる見込みであります。また、生活関連情報におきましても、前年同期と比べ増収となる見込みであります。
 営業利益につきましては、主に社員数が計画を下回ることから人件費が当初計画を下回る見込であることと広告宣伝戦略の見直しにより広告宣伝費が当初計画を下回る見込みであることから、当初予想を大きく上回る見込みとなっております。また、経常利益、中間純利益につきましても、上記要因により、当初予想を大きく上回る見込みとなっております。
 なお、連結および個別の通期業績見通しにつきましては、現在策定中であり、確定次第速やかに公表する予定であります。


※ 業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項

 上記に記載した予想数値は、現時点で入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、多分に不確定な要素を含んでおります。実際の実績等は、業績の変化等により、上記予想数値と異なる場合があります。

 

以 上

戻る



本サイトに掲載の記事・写真・図版の無断転載を禁じます