ニュースリリースニュースリリース

ニュース

2005年9月9日
平成18年3月期 中間期業績予想(連結・個別)の修正に関するお知らせ

 最近の業績動向等を踏まえ、平成17年5月13日に公表した平成18年3月期(平成17年4月1日〜平成18年3月31日)の中間期業績予想を下記のとおり修正いたします。

1.平成18年3月期 中間期業績予想の修正(平成17年4月1日〜平成17年9月30日)

 (1) 連結業績予想の修正
(単位:百万円)
  売上高 経常利益 中間(当期)純利益
前回予想(A) 9,706 588 △372
今回修正(B) 9,743 1,116 △10
増 減 額(B−A) 37 528 361
増 減 率 0.4% 89.9% −%
前年同期実績 9,753 864 515

 (2) 個別業績予想の修正
(単位:百万円)
  売上高 経常利益 中間(当期)純利益
前回予想(A) 8,964 764 △123
今回修正(B) 9,069 1,191 166
増 減 額(B−A) 104 427 290
増 減 率 1.2% 55.9% −%
前年同期実績 9,121 818 478

2.修正理由
 当中間期の売上高につきましては、計画どおり順調に推移しており、若干計画を上回る見込みとなっております。セグメント別の進捗状況につきましては、第1四半期財務・業績の概況(平成17年7月19日付公表)にて発表させて頂きましたとおり、自動車関連情報におきましては、インターネット関連商品の市場投入によるマーケットシェア拡大により成長性を確保し、前年同期と比べ増収となる見込みであります。また、生活関連情報におきましては、前期後半の情報誌休刊等の影響もあり、前年同期と比べ減収となる見込みであります。
 経常利益につきましては、外注コスト見直し等による売上高原価率の低減効果に加え、広告宣伝戦略の一部見直し等により、当初計画を大きく上回る見込みとなっております。また、中間(当期)純利益につきましては、当初計画どおり固定資産に係る減損損失を計上する見込みとなっておりますが、上記要因により、当初計画を大きく上回る見込みとなっております。
 なお、連結および個別の通期業績見通しにつきましては、中間決算発表時(平成17年10月31日予定)に公表する予定であります。

 (注)業績予想につきましては、現段階の入手可能な情報による判断および仮定に基づいて算定しておりますが、予想に内在する不確定要因や、今後の事業運営における状況の変化等により、実際の売上高および利益は上記に記載した予想数値と大きく異なる場合があります事をご了解下さい。
以 上

戻る



本サイトに掲載の記事・写真・図版の無断転載を禁じます